||

オシレーター分析①ストキャスティクス

オシレーター分析①ストキャスティクス

テクニカル分析にはトレンドタイプとオシレータータイプがあります。
トレンド対応は相場の方向性を予想するための指標で、オシレータータイプは「買われすぎ」「売られすぎ」から相場を予想するものです。今回はオシレータータイプの高機能チャート「ストキャスティクス」をご紹介します。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは日本の線で構成され、メインの線を「%K」、メインの線の移動平均線を「%D」と呼びます。
このグラフの縦軸で0~100%の数値が判断でき、100%に近いほど「買われすぎ」であると判断できます。実際には20%以下で「売られすぎ」、80%以上で「買われすぎ」となります。

肝心の購入のタイミングですが、単に20%や80%のラインを超えたタイミングではなく、%Kと%Dがクロスしたタイミングになります。%Kが%Dを上から下へクロスした場合「下がる」の予想で逆が上がるの「予想」です。
当然100%の予想ではありませんが、このタイミングならば天井や底をに近いポイントで購入できるはずです。

基本的にオシレータータイプの指標も単体で使うより、他のトレンドタイプの指標と合わせて使うと信憑性が増します。 設定で取引に適切なチャートの表示もできるので、色々と研究価値のある指標ですね。


FXバイナリーオプション ブログランキングへ

関連記事

  • サイコロジカルライン2015年1月21日 サイコロジカルライン 「心理的な」という意味のサイコロロジカルラインですが、その名の通り投資家の心理を数値化しいていると言われるテクニカル指標です。 例えばコインの裏表を当てるゲームで、10回連続で […]
  • 相場の心理を考えてみる2015年3月23日 相場の心理を考えてみる 上昇トレンドの相場で取引しているとき、これまでの経験やテクニカル分析で「そろそろトレンドが終わるのでは?」と思う瞬間が必ず出てきます。 このとき、ドル円で取引してい […]
  • オシレーター分析:ストキャスティクス②2014年11月27日 オシレーター分析:ストキャスティクス② 基本的に先行線「%K」と遅行線「%D」の日本のラインからクロスでトレンドの転換を図る指標ですが、もう少し詳しく見ていきましょう。 RSIなどと同様に売られ過ぎ、買われ過ぎを判断 […]
  • 新値足で相場の方向性を考える2015年2月12日 新値足で相場の方向性を考える 時間を切り捨てることで、純粋にトレンドだけを見るという指標です。 通常のインジけーターでは、横が「時間」、縦が「相場」になっていますが、この時間の部分を一切使いません。 […]
  • 究極のオシレーター(Ultimate Oscillator)2014年12月17日 究極のオシレーター(Ultimate Oscillator) ダマシなどオシレーターの欠点を克服するオシレーターとして開発されたアルティメットオシレーター(Ultimate […]
  • トレンド分析:一目均衡表②2014年11月18日 トレンド分析:一目均衡表② 前回は一目均衡表でトレンドの転換時のシグナルに触れましたが、もう少しこの指標の使い方を見てみましょう。 基本的にこのチャートは一つで複数の高機能チャートを表 […]
Warning: include(/export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/../pick_up.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/single.php on line 35 Warning: include(): Failed opening '/export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/../pick_up.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/single.php on line 35