||

フォーメーション分析②

フォーメーション分析② 前回から引き続き「フォーメーション分析」の代表的な例をご紹介していきます。

全て一度に覚えることは不可能なので、実際の取引でよく見かける形などチャートを見ながら照らし合わせていけるようになると自然と実践でも使えるようになると思います。

・ソーサーフォーメーション

ソーサーフォーメーション

逆さまにしたお皿のような形からこ名づけられたフォーメーションです。
上昇しきれず徐々に緩やかに下降していきます。逆の形は日本名で「鍋底」と呼ばれます

・ラインフォーメーション

ラインフォーメーション

ある一定のラインを越えられず、トップに線を引いてしまうフォーメーション。
天井よりも底のときに出現しやすく急激に下がる場合がある。

・トライアングルフォーメーション

トライアングルフォーメーション

もちあい時に出現するパターンで、上昇三角形、下降三角形、対称三角形があります。 どの場合も最終的にそのままのトレンド流れで抜けていくので、覚えやすいフォーメーションの一つです。

視覚的に覚えておくだけでも、実際チャートを見てるときに思い出せるようになればこっちのものです! テクニカル分析の1つなので、ファンダメンタルズな動きが予想されるときは注意が必要です。


FXバイナリーオプション ブログランキングへ

関連記事

  • サイコロジカルライン2015年1月21日 サイコロジカルライン 「心理的な」という意味のサイコロロジカルラインですが、その名の通り投資家の心理を数値化しいていると言われるテクニカル指標です。 例えばコインの裏表を当てるゲームで、10回連続で […]
  • 相場の心理を考えてみる2015年3月23日 相場の心理を考えてみる 上昇トレンドの相場で取引しているとき、これまでの経験やテクニカル分析で「そろそろトレンドが終わるのでは?」と思う瞬間が必ず出てきます。 このとき、ドル円で取引してい […]
  • オシレーター分析:ストキャスティクス②2014年11月27日 オシレーター分析:ストキャスティクス② 基本的に先行線「%K」と遅行線「%D」の日本のラインからクロスでトレンドの転換を図る指標ですが、もう少し詳しく見ていきましょう。 RSIなどと同様に売られ過ぎ、買われ過ぎを判断 […]
  • 新値足で相場の方向性を考える2015年2月12日 新値足で相場の方向性を考える 時間を切り捨てることで、純粋にトレンドだけを見るという指標です。 通常のインジけーターでは、横が「時間」、縦が「相場」になっていますが、この時間の部分を一切使いません。 […]
  • 究極のオシレーター(Ultimate Oscillator)2014年12月17日 究極のオシレーター(Ultimate Oscillator) ダマシなどオシレーターの欠点を克服するオシレーターとして開発されたアルティメットオシレーター(Ultimate […]
  • トレンド分析:一目均衡表②2014年11月18日 トレンド分析:一目均衡表② 前回は一目均衡表でトレンドの転換時のシグナルに触れましたが、もう少しこの指標の使い方を見てみましょう。 基本的にこのチャートは一つで複数の高機能チャートを表 […]
Warning: include(/export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/../pick_up.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/single.php on line 35 Warning: include(): Failed opening '/export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/../pick_up.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /export/www/binary-option-beginner.com/htdocs/wp-content/themes/binary-option-beginner/blog/single.php on line 35