||

バイナリーオプションにかる税金は?

バイナリーオプションの税金バイナリーオプションで年間20万円以上の利益があった場合には税金が発生します。
ただし、国内業者と海外業者では課税の方式が変わってくるので、しっかり把握しておきましょう。

リスクに関してバイナリーオプションに関するリスク
安全に楽しむためにバイナリーオプションを安全に楽しむために
失敗しない方法バイナリーオプションで失敗しない方法

バイオプの課税対象

国内業者

国内業者との取引で発生した利益は、「利益に対する税金」が発生します。

申告分離課税といい、課税率は20.315%です。
(内訳:所得税15% + 住民税5% + 復興特別所得税15% × 2.1% = 20.315%)

・取引で得た利益 × 課税率(20.315%)= (A)
・その他の所得合計 × 所得に対する課税率 - 所得に対する控除額 = (B)
・(A) + (B) = 合計の課税額

少しややこしいので、実際に計算してみましょう。
取引での利益=23万円
他の所得の合計=330万円
とした場合。

取引で得た利益に対してかかる課税額
230,000(円) × 20.315(%) = 46,724(円)

他の合計所得への課税額
3,300,000(円) × 10(%) - 97,500(円) = 232,500(円)

計算より、46,724(円) + 232,500(円) = 279,224(円)が合計の課税額です。

また、国内業者を利用した場合のみ、損失繰り越しが最大3年間可能です。
これは取引よって損失がでてしまった場合に適用されます。

■損失繰り越し
1年目の所得が、-100万円で2年目の所得が、+200万円だった場合、2年目に支払う税金は1年目に確定申告をしていなかった場合、200万の利益の20%である40万円を収めるべきですが1年目の100万円の損失を差し引く事が可能になりました。
つまり、-100万円(1年目)+200万円(2年目)=100万円に対しての20%である20万円だけを納めればいいという事になります。なので、必ず負けていても確定申告を毎年する事をオススメします。

海外業者

海外業者との取引で発生した利益は、「取引で得た利益と、他の所得を合計し、控除額を 引いたもの」が発生します。総合課税といい、税率は所得の総額によって変わります。

195万円以下: 5%(控除額 0円)
195万円超 ~ 330万円以下: 10%(控除額 97,500円)
330万円超 ~ 695万円以下: 20%(控除額 427,500円)
695万円超 ~ 900万円以下: 23%(控除額 636,000円)
900万円超 ~ 1800万円以下: 33%(控除額 1,536,000円)
1800万円超: 40%(控除額 2,796,000円)
・全ての所得の合計 × 所得に対する課税率 - 控除額 = 合計の課税額

課税方式が違うので、合計の年収によって課税額に差が出ます。

・年間の給与所得とバイナリーオプションの合計利益が695万円以下の場合
 海外バイナリーオプションがお得!

・バイナリーオプションのみでの年間合計利益が695万円以上の場合
 国内バイナリーオプションがお得!

これらの税金は確定申告を行わなければなりません。
年間20万円以上の利益(国内業者は損失も)があった場合必ず行いましょう。

バイナリーオプション初心者教室新着情報

新着情報

バイナリーオプション業者ランキング
初心者向け業者ランキング
一位の業者
TRADE200 第一位TRADE200
一位の業者の詳細
2位の業者
ソニックオプション 第2位ソニックオプション
三位の業者の詳細
3位の業者
JETOPTION 第3位ジェットオプション
3位の業者の詳細
4位の業者
ミリオネアオプション 第4位ミリオネアオプション
4位の業者の詳細
5位の業者
TradeRush 第七位TradeRush
5位の業者の詳細